映画の世界の夢をまだあきらめられないおじさんのブログ。①昔懐かしい作品や俳優などについて語る②機会があれば、また映画やテレビドラマに出てみたい③『新潟に映画村』と『映画を作る』のを夢見ている。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年03月29日 (木) | 編集 |
おなじみ俳優で、かつてはハナ肇とクレイジーキャッツのメンバーだった植木等(80)が3月27日、午前10時41分都内の病院で呼吸不全のため死去した。97年頃から肺気腫を患っていた。
「シャボン玉ホリデー」やら「スーダラ節」から映画「ニッポン無責任時代」などで強烈なキャラクターを演じていたが、晩年は性格俳優として渋い役に徹していた。実は僕は何度か一緒に仕事をしたが、当初はクレイジー時代の植木等のイメージを余りにも強く抱いていたから、もうその頃は晩年の渋い刑事役を演じていて、その変貌には面くらい、同じ俳優ではない別人に感じていた。またひとつ昭和のスターのシャボン玉が消えた。
スポンサーサイト


2007年03月24日 (土) | 編集 |
最近見た映画でいい気分にさせてもらったのが、意外にも大スターが監督した作品で、ロバート・デニーロとジャック・ニコルソンの二人がそれぞれ別々の作品でどちらも知らず後で彼らが監督したと知り驚いた。日本でも有名俳優が監督するのは珍しいことではないのかも知れない。まっ好き好きだろうから僕は日本人でも邦画は好きでもないし、まず殆ど見ない。結局面白かろうが秀作だろうが関係ないただ好きじゃないから見ないだけのことだ。

さてロバートデニーロの☆ブロンクス物語は自身も主人公の父親役で出演していて、好演している。演出も見事だ。まっ撮影監督の力量とか才能に恵まれたというのもあるかも知れない。
また見て見たい映画のひとつとなった。もし安価のDVDでもあるなら購入して保存したいほどだ。

さてもう一方のジャックニコルソンの☆黄昏のチャイナタウンTWO JAKES も中々の作品た。こちらは確か20数年前ロマンポランスキー監督作品のチャイナタウン(共演、フエィダナウエィ)の姉妹版ともいうべき作品で、前作とは全く内容は関係ないのだが、色調というか雰囲気が似ていると思った。ジャックニコルソンはもちろんのこと、他の役者もいい!そしてストーリーの面白さというより意図とした映像の醸し出すムードがたまらいのだ。これまた安いDVDを見つけたら是非買い求めたい作品だ。

そんな訳で今回は思わぬ買い物ならね掘り出し物に出会えた喜びでいっぱいだ。


2007年03月15日 (木) | 編集 |
いやいや今度から各作品についてのコメントがしやすくなりそうです。

というのもこれまでは、DVD映画をほぼ毎日見るにつけ、資料が全く無か

った。

せいぜい分かるのは題名と主演者や監督くらいだった。

そこで資料として電話帳のような厚さの本で、毎年1回出版されている

『ぴあシネマクラブ』(外国映画編・邦画編の2冊)が必要だと、

地元の書店からネットのアマゾンなど探すがこれが中々無かった。

何しろ今年の新本が今月末に販売されそうということが分かり

それまで最初は待とうと思っていましたが、資料として年代ごとに

あってもいいと思うようになり、ようやくネットで発見購入出来たので

新本を待つまでもなく資料として役立てそうです。

しかし、こんなに何処にも手に入らないというのは、人気がある、また

発行部数が元々少ない。などが考えられますが、僕にとっては必要な

本ですから、これからは2度と苦労と無駄な時間を費やさないためにも

書店の店頭に出たら早めに確保しておくようにしようと思います。

結構高価な本ですが仕方ないですね。

そんな訳で、もう少ししたら本格的に毎日記事を書くようにしたいと

思ってます。


2007年03月05日 (月) | 編集 |
遅まきながら今年のアカデミー賞について

まっ一応各賞を列挙しておきますわいな。ホント遅いね!はーい!

≪第79回アメリカ・アカデミー賞主な受賞の一覧≫

☆【作品賞】ディパーテッド

☆【監督賞】マーチン・スコセッシ(ディパーテッド)

☆【主演男優賞】フォレスト・ウィテカー 
       (ラストキング・オブスコットランド )

☆【主演女優賞】ヘレン・ミレン(クイーン)

☆【助演男優賞】アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャイン)

☆【助演女優賞】ジェニファー・ハドソン(ドリームガールズ)

☆【脚本賞】マイケル・アーント(リトル・ミス・サンシャイン)

☆【脚色賞】(ディパーテッド)

☆【撮影賞】ギレルモ・ナバロ(パンズ・ラビリンス)

☆【編集賞】セルマ・スクーンメイカー(ディパーテッド)

☆【衣装デザイン賞】ミレーナ・キャノネロ
         (マリー・アントワネット)

☆【作曲賞】グスタボ・サンタオラヤ(バベル)

☆【音響編集賞】(硫黄島からの手紙)

☆【視覚効果賞】(パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェ         スト)

☆【長編アニメ映画賞】(ハッピーフィート)

☆【外国語映画賞】(善き人のためのソナタ)… ドイツ映画

☆【長編ドキュメンタリー賞】(不都合な真実)

  ※以上です。あ~疲れた(嘘)


2007年03月02日 (金) | 編集 |
映画史上初、千人の花嫁たちが爆走シーンは大爆笑!主人公ジミーの元カノ役には、歌姫マライアキャリーや往年の美少女ブルックシールズも出演。笑って、ホロッとさせるラブコメディー。この作品はバスターキートンが監督・主演したサイレント・コメディーの名作「セブン・チャンス」(キートンの栃肉棒) 1925のリメイクである。

1999年 アメリカ映画 原題The Bachelor(独身男) 1時間25分
☆キャスト ジミー(クリス・オドネル)アン (レニー・ゼルウィガー)牧師 (ジェームズ・クロムウェル)☆スタッフ 監督(ゲィリー・シニール)製作(ロイド・セーガン、ビング・ハウエンスタイン)脚本 (スティーブ・コーエン) 撮影 (サイモン・アーチャー) 音楽 (デビッド・ヒューズ、ジョン・マーフィ)

以上 DVD上の解説より

★とにかく自分としては残したい傑作のひとつなった作品。おかしくもちょっぴり泣かせる結婚がテーマのラブコメディー。設定が面白い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。