映画の世界の夢をまだあきらめられないおじさんのブログ。①昔懐かしい作品や俳優などについて語る②機会があれば、また映画やテレビドラマに出てみたい③『新潟に映画村』と『映画を作る』のを夢見ている。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年06月05日 (火) | 編集 |
ここ最近は、比較的時間に余裕が出来てきたこともあって

盛んにDVD映画をビデオ屋のレンタル、ネットのDVDレンタルを

使い分けて楽しんでいるのです。

よく好んで見るジャンルとしては

アメリカ映画(英仏も)のアクション、コメディー、ラブストりー。

さすがはアメリカ。日本じゃこんな映画撮れねえだろうなあ!

というのが有る反面、当たり前のことかも知れないが

“面白い作品”“つまらない作品”があるし

 またあるいは期待したのにガッカリしたものもあれば

まったく期待もせず、事前知識(作品情報)がないままで

見た作品が実は凄く面白く、よい作品に出合うこともある。

  これらは米映画以外にもあることだろうが・・・・。


ただこれだけはハッキリしていると思うのは

製作予算の資金が潤沢であること、出演・演技の俳優の層の厚さ、

から個々の演技能力レベルが高いこと、カメラワークの巧みさ、

脚本など作品のアイディアが素晴らしいこと。

もちろん監督の技量も優れていることだろう。

だから途中であれっ?こうなるのかい?と目を疑うような展開に

なる作品もあるにはあるが、でもさっき言ったように全体的にも

レベルが高いので、見ていて本当に勉強になるよね!

今後ぼくも脚本、映画撮りを考えているのでDVD映画ははずせない!

次の機会には個々の作品や俳優(女優)について語りたい。
スポンサーサイト
テーマ:私が観た映画&DVD
ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。