映画の世界の夢をまだあきらめられないおじさんのブログ。①昔懐かしい作品や俳優などについて語る②機会があれば、また映画やテレビドラマに出てみたい③『新潟に映画村』と『映画を作る』のを夢見ている。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年02月21日 (水) | 編集 |
今でも毎日のように映画を見ています。

貸しDVDからギャオからヤフー動画とかのサービスで。

なんですなあ、僕はどちらかというと、欧米の作品を好む派なんだけど、必ずしも全部が全部いい訳ではないことに最近気がついた。
やはり人にはそれぞれ好みがあるので、どうしても難癖を付けたくなる作品がかなりある。

内容が気に入らなくても別にどうしょうもない訳で、仕方ないから楽しみを直接作品に求めず、例えばDVDだと特典映像ってあるじゃないですか?その中に時々主演俳優や監督、製作者が 作品の上映を見ながらの撮影の裏話とかしているんだけど、それは楽しいし、また勉強にもなるしね。

ああ、あのシーンはこうやって撮ったのかとか、苦労があったとか、これは本作品を見る以上に面白いのだ!

ただしね。今は手元に映画の資料がないので、作品情報に困り、このブログにも書きにくい。何しろレンタルDVDだけでは適格な情報が得られない。ネットを検索すれば、調べられなくもないサイトを見付けられはしたが、いまいちの感じで不満足だった。そうしてみると、外国の映画作品情報を調べるには、僕は一番いいのは「ぴあのシネマクラブ洋画編、邦画編」の2冊セットで確か六千円位だと思ったが、これが一番役に立つ。ところが同本の最新版は全て売り切れ、中古でも中々手に入らない。大型書店に問い合わせてみれば、なんでも最新版は3、4月に発売になるらしいので、それを楽しみに待つとして、それまではネットで資料を漁ろうとするか?

そんなわけで、資料の整理がうまく行っていない。言い訳がましいがね!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。