映画の世界の夢をまだあきらめられないおじさんのブログ。①昔懐かしい作品や俳優などについて語る②機会があれば、また映画やテレビドラマに出てみたい③『新潟に映画村』と『映画を作る』のを夢見ている。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年12月26日 (火) | 編集 |
最近は、ほぼ毎日自宅などでDVD映画を見てます。

そして書店の片隅にあったクラシック映画(500円均一)の

DVD映画を見つけてから
『風と共に去りぬ』
『ローマの休日』
『天井桟敷の人々』と買い求めて
早速見てみました いずれも古い映画ばかり
でも 白黒映画でも 中身に入り込んで余り感じさせない
そして オードリヘップバーンはじめ
皆新鮮で 古さなんて全然感じない

特にヘップバーンがすばらしい 若いし可愛いし

もう男とか女とか関係なく ファンが多いと思う

さらに映画自体監督の演出がうまいのか

よく出来ていますよね 500円でも買ってみるのは

また自分の好きな時 またいつでも再生して 見れる

研究する そして素的なヘップバーンに会えるからね
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。